MENU

薄毛の原因になる食生活

いかに毛髪にいい食生活をしていても、負担が毛髪にかかるようなものでは意味が全くありません。
ここでは、薄毛の原因になる食生活についてご紹介しましょう。
自分自身の食生活で該当するものがあれば改善しましょう。

 

食べ過ぎ

食べ過ぎの場合に最も問題になるのは肥満です。
肥満になればよく汗をかくようになり、頭皮の皮脂がよく分泌されるようになります。
皮脂が過剰に分泌されると抜け毛が多くなり、脂漏性の脱毛症になる恐れがあります。
また、血管を脂肪が圧迫して血液の流れが悪くなることも薄毛の原因になります。
しかも、食べ過ぎは負担が消化器系内臓にかかります。
負担が消化器系内臓にかかって機能が下がってくれば、適切な食生活をいかにしても、栄養を上手く吸収できません。
最終的に栄養が頭皮に届くのも足りなくなるため、薄毛の原因になります。

 

油分が多い食事

多く油分がある食事を摂れば、皮脂が分泌する量がその分多くなります。
頭皮を守るために皮脂の分泌は必要です。
しかし、過剰に皮脂が分泌され、皮脂が特に脂性の場合には抜け毛が多くなり、脂漏性の脱毛症になります。
しかも、多く油分がある食事を摂るとドロドロの血液になります。
そのため、血液の流れが悪くなり、毛髪を生成するために大切な栄養分や酸素が頭皮に行き渡らなくなります。

 

寝るすぐ前に食事を摂る

食事を摂った後は、エネルギーと血液が消化器系内臓に食べ物を消化するために集中します。
成長ホルモンが毛髪を生成するためには分泌する必要がありますが、最もこの成長ホルモンが分泌される時間帯が午後10時〜次の日の午前2時の間です。
この時間帯は、可能な限り体の活動を毛髪を生成するために集中したいため、寝るすぐ前に食事を摂って活発に消化器系内臓の働きをするのは止める方がいいでしょう。

 

外食が多い

たまに外食をするのは問題ありませんが、外食のみというのは問題です。
外食の場合は多く油分があり、高いカロリーの場合が多いため肥満になってきます。
そのため、先にご紹介したように毛髪に対して良くない影響がでる場合が想定されます。
また、外食の場合には冷凍の食材もあるので、多く添加物が含まれていることがあります。
血液のレベルを添加物は低下させる場合もあるため、栄養不足・血行不良がよく起きるようになり、薄毛の原因になります。
外食はよく薄毛になる食べ物が多くあるため、自炊を毎日でなくても、可能な範囲で心掛ける方がいいでしょう。