MENU

薄毛の改善に効果が期待できる食材

薄毛の改善のためには、非常に毎日の食事が大事です。
ここでは、薄毛の改善に効果が期待できる食材についてご紹介しましょう。

 

納豆

納豆が、薄毛の改善に効果が期待できる食材として挙げられます。
納豆は、髪の毛の素であるタンパク質が多く含まれています。
また、イソフラボンという大豆に含まれているものは、薄毛の要因であるテストステロンという男性ホルモンの分泌を抑えます。
肌の代謝を促進するビタミンB2も大豆には含まれているので、頭皮環境が改善されます。
また、ナットウキナーゼという納豆のみに含まれている栄養素は、サラサラの血液になる効果が期待できるそうです。
サラサラの血液になれば、頭皮の血液の流れが促されます。

 

生牡蠣

生牡蠣も、薄毛の改善に効果が期待できる食材として挙げられます。
髪の毛のメインはタンパク質ですが、亜鉛が足りなくなってくると髪の毛が上手く生成されなくなります。
そのため、タンパク質以外にしっかりと亜鉛も摂ることが大事です。
亜鉛は、多く牛肉、魚介類、豚レバーなどに含まれていますが、生牡蠣は特に非常に多く亜鉛が含まれています。
普段亜鉛は摂りにくく、男性は特に不足しがちであると言われています。
髪の毛を生成するために大切な栄養素であるため、意識して摂りましょう。
しかし、生牡蠣は食べ過ぎないように注意しましょう。

 

レバー

レバーは、薄毛の改善に効果が期待できる食材として挙げられます。
髪の毛のメインのタンパク質が含まれているだけでなく、頭皮の環境が改善されるビタミンが多く含まれています。
細胞を正常に分裂することによっていい頭皮の環境を維持する作用があるビタミンA、頭皮の代謝がアップするビタミンB群が多く含まれています。
つまり、頭皮の環境が、丈夫に髪の毛が育成するようになります。
また、皮脂の分泌をビタミンB2は抑える作用があるため、頭皮が皮脂でベトベトになっている場合には非常におすすめです。

 

高野豆腐

高野豆腐は、薄毛の改善に効果が期待できる食材として挙げられます。
髪の毛のメインのタンパク質が含まれており、髪の毛にこのタンパク質がなるために大切な亜鉛が含まれています。
これ以外にも、イソフラボンという薄毛の要因である男性ホルモンを抑制するもの、ビタミンEという毛細血管を拡げて血液が栄養を運搬できるように促進するものが含まれます。
高野豆腐は、髪の毛のメインのタンパク質と、イソフラボンという男性ホルモンを抑制するものが多く含まれており、普段摂りにくい亜鉛も含まれている栄養豊富な食材です。