MENU

薄毛の原因はどのようなものがあるか?

薄毛の原因はどのようなものがあるのでしょうか?
ここでは、代表的な薄毛の原因を5つご紹介しましょう。

 

ストレス

ストレスが薄毛の原因として挙げられます。

 

ストレスがあると、自律神経がアンバランスになり、
血液の流れが悪くなります。

 

血液が発毛のための栄養素を運ぶので、
血液の流れが良くなければ薄毛の原因になります。

 

これ以外にも、ストレスがあれば、
交感神経が作用し、いつも緊張した状況になります。
このため、頭皮の血管が縮んで、発毛のための栄養素が行き届かなくなります。

 

しかし、全くストレスがない暮らしは到底できないでしょう。
そのため、早めに貯まったストレスを無くすことが大切です。

 

不規則な食生活

不規則な食生活が薄毛の原因として挙げられます。
多く外食する場合は、食事は肉類がメインになっているのではないでしょうか。

 

このような多く脂質がある食事が継続すると、血液の中の脂肪が多くなって
、血管のレベルが下がり、血液がドロドロしたものになります。
そうすると、栄養が髪の毛にも行き届きにくくなってきます。

 

そのうえ、頭皮の毛穴を多くなった皮脂が塞ぐため、
ハリがない弱い髪の毛だけが生えてくるようになってしまいます。

 

喫煙

喫煙が薄毛の原因として挙げられます。
喫煙すると、血管が縮んでしまいます。

 

喫煙することによって血管が縮むと、さらに頭皮には血液が循環しなくなり、
当然髪の毛のための成分や栄養が行き渡らないでしょう。

 

薄毛の原因に喫煙がなるのは、このような理由からです。

 

生活習慣の乱れ

生活習慣の乱れが薄毛の原因として挙げられます。
薄毛と睡眠時間は非常に関係しています。

 

午後10時〜次の日の午前2時の時間帯は、成長ホルモンが活発に分泌します。
そのため、この時間帯に寝ていなければ薄毛が進んでしまいます。

 

ハリがある丈夫な髪の毛を育成するためには、
午後10時までには寝て睡眠時間を十分に確保するようにしましょう。

 

男性ホルモン

男性ホルモンが薄毛の原因として挙げられます。

 

男性ホルモンのテストステロンというものと、
酵素の5αリダクターゼというものが結合すれば、
男性ホルモンのジヒドロテストステロンというものが生成されます。

 

この男性ホルモンのジヒドロテストステロンが、育毛を阻んだり、
抜け毛を促したりするため、基本的な薄毛の原因になってしまいます。

 

そして、遺伝によって、この男性ホルモンの活動具合や量は影響されます。
薄毛は遺伝するとよく言われるのは、このような理由からです。