MENU

なぜストレスと髪の毛が関係あるの?

薄毛の原因としてはいろいろあります。

 

薄毛の原因は、喫煙や食生活、適切でないヘアケアなどがありますが、
現代の世の中におけるストレスを挙げる場合が多くあります。

 

薄毛の原因になるストレス

ここでは、薄毛の原因になるストレスについて見ていきましょう。
現代の世の中においては、ほとんどの人がストレスを感じているでしょう。

 

ストレスが溜まっていけば、自律神経がアンバランスになり、
血液の流れに対して良くない影響を与えてしまいます。

 

また、ホルモンの分泌や筋肉の作用など、
新陳代謝がアンバランスになることもよく知られています。

 

血液の流れがストレスによって悪くなって、
必要な栄養が毛髪の毛根部に行き渡らなくなると、発毛が阻害されてしまいます。

 

ストレスがどうして薄毛の原因になるか?

では、ストレスがどうして薄毛の原因になるのでしょうか?

 

血液の流れが悪くなることによって、
頭皮の環境が悪くなります。

 

毛髪を作っているのは毛母細胞ですが、
血液が栄養をこの毛母細胞に運搬しています。

 

血液の流れが悪くなると、発毛サイクルの本来の機能が保てなくなります。
毛乳頭に血液で運搬された栄養は吸収されて、活発に毛母細胞の働きをします。

 

しかし、血液の流れが悪くなると
この栄養が細胞に十分に行き渡らなくなり、発毛が阻害されます。
では、ストレスによってどうして血液の流れが悪くなってくるのでしょうか?

 

ストレスによって血液循環が悪くなる理由

というのは、自律神経が血液の流れをコントロールしていますが、
この自律神経がストレスを受けると、血管が縮んでしまうためです。
そのため、栄養を運搬する血液が少なくなってしまいます。

 

睡眠が十分に取れなければ、上手く発毛サイクルの活動ができなく、
抜け毛になって薄毛になることがあります。

 

毛髪が育成されるのは、
午後10時〜翌日の午前2時の時間帯であると言われています。

 

睡眠が十分に取れていれば、
成長ホルモンが活発に分泌するようになり、薄毛を防ぐことができます。

 

また、ストレスで自律神経が上手くコントロールできなくて
、なかなか眠れなくて不眠症になる場合もあります。

 

昼と夜が仕事の都合で逆転している場合は、週に1回は最低でも夜に寝ましょう。
ストレスが過剰になると、大きな支障が自律神経に出てくる場合があります。

 

自律神経がアンバランスになれば、内臓の機能が下がってしまいます。

 

たんぱく質が毛髪を作る栄養素ですが、内臓の機能が下がることで
十分にタンパク質が吸収できなくなれば、張りがある太い毛髪にならなく、
よく抜けるようになるため薄毛になります。