MENU

自分が禿げていないかチェックする方法

薄毛が気がかりになっていて、鏡を朝見てみた際に、
なんとなく薄くなった感じがするというようなこともあるのではないでしょうか。

 

全体の髪の毛が明らかに薄くなっているとすぐに薄毛ということが分かりますが、
薄毛が始まった頃はやはり薄毛かどうかはっきりしないでしょう。
というのは、鏡を毎朝見ていれば変わったことになかなか気がつきにくいためです。

 

薄毛の見分け方

ここでは、簡単な薄毛の見分け方についてご紹介しましょう。
頭皮の毛か額の毛かを見分けましょう。

 

非常にはっきりしにくいのが額の生え際でしょう。
例えば、ここは頭皮なのか、それとも額なのか、
髪の毛がここには生えていた感じがする、などというような具合です。

 

見分けるためには道具が一つ必要になります。
道具としては、マイクロスコープが理想的ですが、
無い場合には虫眼鏡でも問題ありません。

 

自分の毛根をこれでよくチェックしてみましょう。

 

一般的に額から生えているほとんどの毛は、1本のみが1つの毛穴から生えています。
一方、頭皮の毛は、数本まとまって1つの毛穴から生えています。
毛量が基本的に少ない場合は、1本?2本というような場合もあります。

 

しかし、1本のみが生えている箇所は頭皮全体の約2割弱程度になります。
一方、額が広いのは自分の個性であるにも関わらず、
薄毛ではないかと心配し続けるのは自分にとってプラスに全くならないでしょう。

 

場合によっては、薄毛にストレスによってなることもありえます。
しかし、頭皮の髪がこのような方法で細くなっていれば、薄毛の可能性があります。

 

また、抜け毛の形、髪を洗った際の抜け毛の本数によって、大まかな見極めはできます。
髪を洗った際に抜け毛が50本以上あり、
髪が先細りに3割以上なっているような場合は、ほとんど薄毛と考えて間違いないでしょう。

 

薄毛の可能性が大きいとまずは気がつくことが大切です。
しかし、気がついてもそのままにしていると意味が全くありません。

 

薄毛の可能性がある場合にはどうすればいいか?

では、薄毛の可能性がある場合にはどうすればいいのでしょうか?

 

このような場合には育毛をすぐにスタートしましょう。
すぐに育毛をスタートすれば、まだ手遅れではありません。
市販されている育毛剤をまずは使用してみましょう。

 

薄毛の可能性に気がついた場合には、
まずは市販されている育毛剤を使用してみるケースはよくあるでしょう。

 

このような方法は、賢い選択と言えるでしょう。
育毛する場合は、まずは市販されている手軽な効果のある育毛剤を使用してみましょう。