MENU

薄毛の治療薬としてはどのような種類があるか?

薄毛の治療薬としてはどのような種類があるのでしょうか?

 

薄毛の治療薬の種類

ここでは、薄毛の治療薬の種類についてご紹介しましょう。

 

薄毛の治療薬の種類は、血液の流れを促す効果があるもの、
ジヒドロテストロンを抑えるもの、皮脂が酸化するのを防止するもの、
抗炎症の効果があるもの、血管を拡げるもの、に分かれています。

 

血液の流れを促す効果があると、髪の毛を丈夫にするパワーが大きくなります。
髪の毛がもともと生えていなければ効果がありませんが、薄毛の場合には効果が期待できます。

 

薄毛になる最大の要因は、
頭皮の周りにある毛細血管の血液の流れが悪いためです。

 

これ改善するために血液の流れを促す効果があるユーカリエキスや
トウキエキス、オタネニンジンエキス、イチョウ葉エキスなどは、薄毛に対して効果が期待できます。

 

 

ジヒドロテストロンを抑えるのは、簡単に言えばホルモンの良くないものを少なくすることです。
男性の薄毛の場合は、特にこのジヒドロテストロンが影響していることが多くあります。

 

男性ホルモンは、男性の若い人などの場合は誰でもあるものです。

 

これがだんだん劣化してきて、還元酵素である
5αリダクターゼと言われるものと結びつきやすくなります。

 

そのため、男性ホルモンの良くないものに変わって、
髪の毛が生えるパワーが弱くなることが薄毛の要因です。

 

ジヒドロテストロンを抑えるためには、最も効果があるのはフィナステリドです。
皮脂が酸化するのを防止したり、抗炎症の効果があったりするものは、
有名なものとしてはグリチルリチン酸ジカリウムがあります。

 

かゆみやフケを除去し、炎症を抑える効果が期待できるので、
薄毛治療以外にも肝炎やアレルギー、風邪の薬などにも使用されています。
血管を拡げる効果がある成分は、ミノキシジルと言われるものだけです。

 

これ以外にも、血管を拡げる効果が期待できるものはありますが、
ミノキシジルだけが医学的には効果があります。

 

副作用が起きる薄毛の治療薬もある

薄毛の治療薬の中には、副作用が起きるものもあります。
具体的には、フィナステリドとミノキシジルが挙げられます。

 

例えば、ドラッグストアなどで販売されている
育毛剤の医薬部外品のものを確認してみれば、まずこの2つは含まれていません。

 

というのは、医療用医薬品成分としてフィナステリドは分類され、
第1類医薬品成分としてミノキシジルは分類されているためです。

 

フィナステリドとミノキシジルの副作用としては、
特に恐ろしいのは性的な機能に対するリスクがあります。